図書館

図書館情報

ビブリオバトル

6月1日(火)放課後ビブリオバトルを行いました。

昨年に引き続きコロナ対策として、密をさけてゆったりと席を取り

アクリル板も置いて万全の体制でのぞみました!

グループ間も距離があるので、隣の声が聞こえ過ぎるということもなく

じっくり話をし、話を聞くことができたようです。

書いてもらった感想は、「知らない世界を知られて良かった」「楽しかった」がいっぱい。

それも嬉しかったですが、司書は何より、みんながバトル中はもとより、感想まで、真面

目にしっかり考え考え書いてくれている姿に胸熱でした(ノ△・。)

ビブリオバトル開催

             
 
 
 
7月13日(月)、放課後図書館にて1,2年の図書委員さんによる「ビブリオバトル」が開催されました。今回は新型コロナ対策として、「密」になるのを避け、大きな机に4人グループを作っての開催となりました。
参加者さんの感想
「5分がめちゃくちゃ長かった」「久しぶりにした。とても面白かった」「初めてした。楽しかった」「違うジャンルの本にも興味を持てた」「みんなに読んでみようと思って欲しかったのに、全員読んでいた!少し残念」などなど。
「人前で話すのが苦手で、難しかった」という気持ちはものすごく良く分かります!
でもみんな真剣に聞いてくれるので、自然と話ができたのでは?反省点など書いてくれた人もいるし(振り返るのはナイスです)、去年よりうまく出来たという人も(パチパチ)。それぞれに読書の刺激やきっかけになってもらえていたら嬉しいです。
写真の手前は夏の読書用の展示です。読書感想文にも使えますよ。見に来てね。

 

哲学カフェ・今年度第1回

今年度第一回目の「哲学カフェ」を9月27日(金)に開催しました。
今回のテーマは「わたしにとっての死と時間」
当日までの作業は
「思いつくものをブレインストーミングしてみて、その言葉を書き出して、
マッピング(グルーピング)した図を用意」
というものでした!
図書館では事前に協賛イベントとして写真のような展示を行いました。

 

ただし、展示とトークは無関係!
死は怖い?イメージの死と「私にとっての」死はまた違う?
トークはとても盛り上がりました!
ファシリテーターは昨年同様森井先生、
参加者5名(うち1名は急遽欠席となりましたが課題は提出)でした。
次はテーマを変えて、引き続き開催予定です。


ビブリオバトル!

令和最初のビブリオバトルです。5月27日(月)放課後開催しました!
例年どおり、4人一組のグループです。7グループ出来ました。           

   
一人目の時は何となく緊張感が漂っていましたが、二人目、三人目となるにつれ
話し手もリラックス、聞き手も身を乗り出して、という感じに( ´∀` )
質問時間はみんな目を見て語り合っていたのが印象的でしたよ~。
感想をほんの一部:
「自分の好きな本を紹介することはその人がどんな人かということも分かってくる
のでとてもおもしろかった。」(まさに!)
「いろいろ質問してくれて楽しかった。」(うんうん)
「プレゼンテーションなどをする機会があまり無かったので今回経験を得ることが
できて良かった。」(おお)
「発表することで自分がどこに感激したのかはっきり自覚することができた。」
(やった!)
などなど。まだまだ紹介したい感想があります。みんなとても丁寧に分析まで交えて
書いてくれていて感動。今年は感想大賞をあげちゃいますよ~(≧∇≦)

参加してくれた図書委員さん、ありがとう&お疲れ様でした。
「Library News 6月号」にも関連記事を載せるので、読んでみてね♪

哲学カフェその後

今年初めて開催した「哲学カフェ」ですが、第1回目が好評だったため、
なんとその後2回開催し、全3回のイベントとなりました。
第2回目は「私のなんでもベスト5」「私の長年の疑問」について話し合いました。
長年の疑問の例)・なぜ大人は「悪口を言ってはいけない。」と言うのか。
        ・人は死んだらどこへ行くのか。
        ・川の源流とはどんな感じなのだろうか?
        ・「良いこと」と「悪いこと」の境界線は
また第3回目のお題は「人生を楽しく生きるために心がけていることは」「大人になるとはどういうこと」「あなたが大切にしていることは何?」「あなたにとって決まり(ルール)とは何?」などなど・・・
開催日までの手順は第1回目同様です。当日は全員分の回答を元に、コーディネーターの森井先生が
ガイドしつつ進めて行ってくださいました。発言者が発言している間はみんな傾聴しなければなりません!ルールはそれくらいv
どうです?ちょっと興味が出た人もいるのでは?(笑)
来年も機会があれば、開催したいと思っています。
その時は、レッツトライ、参加してね!
 
   ←こんな感じで和気藹々♪

第2回目 2018年11月26日(月)放課後15:45~17:00 図書室にて開催
第3回目 2018年12月14日(金)放課後15:45~17:00 図書室にて開催

哲学カフェ

今年度第二回目の図書館イベント(読書会)は「哲学カフェ」でした。
コーディネーターとして森井先生(元城東の英語の先生)に来ていただき
参加者5名で行いました。

        
      ↑ にわか作りの「カフェ的」スペース(笑) 
参加者にはあらかじめ質問シートに記入してもらい、それを全員にコピーして事前に渡し、全員が目を通しておいた上でそれを基に楽しく哲学談義をしました♪ 
今回のお題は「あなたの好きなフレーズや一節を一つ書いてください。(本でも映画でもマンガやアニメ、歌詞、何でも構いません。)」というもの。
身近で普段接しているものごとも哲学的に追求していくと・・・???興味を持った人は次回参加してみてくださいね! 
2018年10月26日(金)放課後15:45~17:00 図書室にて開催         

ビブリオバトル♪

5月28日放課後、ビブリオバトルを今年度も行いました!
今年は徳大の“阿波ビブリオバトルサポーター”のメンバー3人が助っ人に来てくれました。ビブリオバトルの説明と、デモンストレーションを行ってくれました↓↓↓
                            
学年もクラスもばらばら(くじ引きです 笑)の4人一組のグループで一人1セッションずつ行いました↓↓↓ みんな入り込んでいます(o^∇^o)
                         
感想は??
「自分の好きなものを語る時、感動が生まれる」「紹介本だけでなく、話し手の情報も聞けて読みたいと思えた」「プレゼンするのは色々な力がつきそう」など、話し手・聞き手双方に得るものがあったようですよ~。またやってみたいと書いてくれた委員さんもたくさんいました!

お返事が来ました!

1学期に図書室の展示を使って行った外語部さんの活動は下記にご報告しましたが、なんとなんと城東や徳島の紹介を書いた色紙を送った鹿児島の沖永良部島にある、和泊町立内城小学校の図書委員のみなさんからお返事の手書きパンフレットが届きました(o^∇^o)ノ
                                          
            (照れて顔を見せていません(笑))
めちゃめちゃかわいいです!上手です!細かく丁寧で外語部の先生も部員も大感激です。島や学校の様子がビビッドに伝わってきました。
鍾乳洞があるんだすごい。ウミガメは徳島にもいるよ~一緒だね♪ サトウキビの唄ってどんなかな。とっても行ってみたくなりました。小学校のみんなありがとうヾ(@^▽^@)ノ 

出張講座 小説の書き方入門

10月20日(金)放課後、恒例の四国大学教授佐々木義登先生の出張講座がありました。今回は「小説の書き方入門」。図書委員さんに加え、文芸部員さんも出席し40名を越える盛況な講義となりました。
先生がご用意してくださった資料のポイントは2つのキーワード。あとで提出してもらった感想をみると、みな的確に捉えた上で、自分はどうか、ということまで考えていたようでした。すごいぞ~(≧∇≦)


展示を使って♪

図書室ではいつも色々な展示をしていますが(え、そうだったの?と思った人!是非一度来館してね)今しているのは東京・上野にある国際子ども図書館からお借りした「学校図書館セット貸出 中東・アフリカセット」です。
内容は小学校高学年向のものなので、写真や図版が多い本、絵本(現地語のものもあり)などです。そして楽しいのは、このセットを前回借りた小学校が内容紹介とおすすめ箇所のお手紙をつけてくれているところ。今回は小学1年生から6年生までのかわいらしくかつ奥の深い指摘も含んだ、イラスト付きの紹介票が44枚もついていました。本の横に並べて置いてあるので、こちらも一緒にみてみてね。
そして次にセットを借りる学校のために、外語部さんが 6月9日と16日の放課後、図書室で お手紙を書きました!
外語部さんらしく、英語です!そして次にセットが送られる学校は多分小学校になるので、日本語訳も並記しました。現在はそのお手紙も一緒に並べてありますよ~。
展示は7月5日までです。見に来てね(o^∇^o)ノ
(加えて城東所蔵の関連本も置いてあります。こちらは貸出可)