さまざまな取組

項   目
内      容
●学習環境の保全  新校舎は平成16年8月に完了しました。全館にエアコンを設置しています。
  新校舎、体育館棟は、延床面積5986平米、4階建てで、大アリーナ・小アリーナの他、剣道場・柔道場・大会議室・多目的ホール・図書館・食堂・音楽教室・美術教室などを備えています。
  生徒館棟は、延床面積5688平米、4階建てで、一般教室・多目的教室・駐輪場などがあります。
  本館棟は、延床面積3456平米、4階建てで、校長室・職員室・事務室・保健室・進路指導室・理科室・CAI教室・被服室・調理室・書道室などがあります。
 これらのすばらしい学習環境を保全するために,教職員・生徒全員が協力して取り組んでいます。定期的に床のワックスがけをおこなっている他,プランターを配置したり,植栽を整えたりしています。
●オープニングセミナー 新入生に対し,高校生活や勉学についての不安を解消し,積極的で明るい集団を作り,学習習慣を確立するため,担任紹介・授業ガイダンス・仲間作りゲームなどをおこないます。  
●授業公開 年に数回の授業公開日を設けています。この日は全ての授業を公開するほか,一部の部活動公開もおこなっています。中学生とその保護者,本校の保護者,大学関係者,その他地域の方など,多くの方が来校されます。
●Success週間& 
          Support週間
  中間考査、期末考査前1週間をSuccess週間とし、よりよい生活習慣と学習習慣を身につけるため、学校を挙げて指導に取り組む週間としています。この期間に学年会を中心に学習相談会を実施しており、教科ごとに勉強方法のアドバイスを受けることができます。
  また、試験終了後の手当のため、成績処理が終了した日からSupport週間として個人面談や3者面談を実施します。 
  さらに, クラス分析会を定期考査期間中に実施しています。生活面,学習面,出欠状況などについての情報交換をおこない、生徒一人ひとりの成長課題の達成のため、教職員全体が多面的できめ細かなサポートを行います。
●クエスト
(総合的な学習の時間)
  主として進路研究をおこないます。自ら主体的に進路決定できるよう、将来自分が就きたい職業や学びたい学問についての調査・研究を行い、職業観を育成し自己理解を深める時間です。講師を招いての職業研究、県外の企業を訪問しての企業研修,大学などの授業体験、課題研究とその発表などをおこないます。
●城東ゼミ  授業以外の進路別の入試対策授業を総称しています。基礎力・応用力養成のための講座を用意しています。主なものとして、早朝、放課後、夏季・冬季休業中、センター試験直前の課外授業やゼミ、小論文、面接指導を行っています。
●高大連携  徳島大学高校生対象公開講座および徳島大学工学部の特別講座に参加しています。単位認定も行います。
●マナーアップ運動  マナーはその人となりをあらわすものであり、本校ではあいさつの励行、遅刻防止、自転車運転のマナーアップなどに特に力を入れています。
●ボランティア活動への参加  生徒会や部活動が中心となり,校外の清掃奉仕活動や,交流している盲学校でのボランティア活動をおこなっています。また,文化部が老人ホームなどへの慰問をおこなうこともあります。
●奨学金制度の充実  「君の夢に100万円」、 「瀬戸内寂聴奨学金」など本校独自の奨学金制度があります。
●開かれた学校づ<り  新しい制服の導入に見られたように、生徒や保護者、地域の皆さんの意見が反映される開かれた学校づくりを進めています。そのために,授業公開や『とくしま「教育の日」』に合わせた行事を行なっています。また,ホームページでの情報公開や「提言」の受け付けもおこなっています。
 さらに,「学校評議委員会」を設けて,外部の方の意見も取り入れています。
●交流学習 県内の特別支援学校などと交流学習をおこなっています。平成20年度からは,3年間の計画で,徳島県立盲学校と交流しています。生徒会や1学年全体が中心となって,お互いに学校祭を訪れたり,ボランティア活動をおこなったり,また,盲学校の先生を招いて学習会をおこなったりしています。
●国際交流  フランスのサン・ジョセフ高校と姉妹校提携しており、隔年で相互交流を実施するなど、豊かな国際感覚の醸成に努めています。