2015/02/04

第2回高校生「国際問題を考える日」に参加しました

| by:国際交流課

 平成27年1月31日(土),大阪大学,兵庫県教育委員会が主催する「国際問題を考える日」に2年生4名,1年生9名の計13名で参加しました。これは高校生の国際問題に関する研究や実践の充実,活性化を図り,問題解決能力を向上させると共に,開発教育や課題研究に取り組む高校間の交流を促進し,ネットワークを形成すること等を目的として昨年度から実施されているものです。
 参加校は主に兵庫県下のSGH指定校(アソシエイト校を含む)及び課題研究に取り組む高校・中等教育学校なのですが,本校が大阪大学国際公共政策学科と連携させていただいている縁で,特別に招いていただきました。
 大阪大学大学院国際公共政策研究科の松野明久教授による基調講演に続き,本校にも以前来ていただいた同研究科の松繁寿和教授がコーディネーターを務めるパネルディスカッションが行われ,午後からは参加校35グループによるポスターセッションを実施,日頃の研究成果を発表し合いました。
 本校も2年生4名が「徳島に映画を」と言うタイトルで研究発表を合計3回行ったのですが,同時に多くのグループが発表する中で本校ブースの前には3回ともに多くの見学者が集まってくれて,発表した4人も「頑張ってきてよかった」「質問のやりとりもして多くの友人ができた」と興奮気味に感想を述べていました。

 
 
11:08