2014/12/26

大阪大学法学部国際公共政策学科にてゼミ等を体験

| by:国際交流課


 平成26年12月16日(火),1,2学年の希望者26名が大阪大学法学部国際公共政策学科を訪問し,学部生のゼミや講義に参加させていただきました。今回はスーパーグローバル講座academic(大学との連携による取り組み)として大阪大学法学部国際公共政策学科と連携する第3回目の企画です。スーパーグローバル大学に指定されている大阪大学で授業を体験することで,国際化を推進する大学への興味関心を深めることや,大学での課題や研究の取り組み方について学ぶことを目的としてします。
 今回,多くの大阪大学の先生方にご協力いただき,城東生たちは4限・5限に国際経済学,国際政治学,国際取引法、国際貿易と投資・・・など多くの授業の中から興味のある授業を受けさせていただきました。それぞれの授業が高度な内容であったり,学生主体で進めるものであったりという中で,大学での研究の深さに感銘を受ける生徒が多かったようです。また,一つのことに対して議論を展開させることの面白さ,積極的に発表することの大切さなど様々なことを学び取り,意欲を高めることができました。

(生徒の感想)・・・一部抜粋
 ・<4限:平和学  5限:国際政治学 シミュレーションを受けた生徒>
今回,実際に大学の授業というものを体験させていただき,発言することの大切さと,自分の好きなことについて学ぶことの喜びを感じました。4限の平和学では,ディスカッションに参加させていただきました。自分がいかに未熟かがよく分かり,学生さんたちのようにしっかりと根拠を持った意見を言えるように,これから努力をしようと決心しました。5限の国際政治学では,学生さんたちがそれぞれの書いた論文に対して互いに積極的にアドバイスしたり質問をしたりしていました。発言力がものを言う授業であると感じたと同時に,高校と違って自分の好きなテーマに沿って研究を進める学生さんたちが生き生きしているのを見て,私も早く自分が熱中できる研究テ-マを見つけてそれに打ち込んでみたいと思いました。

 ・<4限:経済学  5限:国際取引法,国際経済法 を受けた生徒>
今回,大阪大学の授業を体験させていただき,自分が希望している学部がどのようなことを学び,考え,社会に役立てようとしているかを少し見ることが出来たと思います。4限の経済学では,条件を変えて両者の視点から利益を考えたり,疑問に思っていたことを周りにも質問し,他の人の意見を聞いてみようとしたりしている姿を見て,この学問を深めようとする意欲がとても感じられました。また,英語をしっかり勉強しなければいけないなぁと思いました。5限では,自分の考えを積極的に発表することの大切さを学ぶことが出来ました。

 
 


13:09