日誌

企業研修 >> 記事詳細

2012/10/11

平成24年度企業研修

| by:1学年

2012/09/21  企業研修

 生徒一人ひとりの職業観を育成する活動の一環として,県内外の企業や官庁を訪問させていただいて,企業研修を受けました。企業とはどのようなところか,働くとはどのような意味があるのか,企業の理念は何か,どの学部へ進めば企業につながるのか等々,多くのことを学ぶことができました。昨年度までは秋季休業中に実施し,任意の参加でしたが,今年度からは全員参加の行事になりました。1年生319名が9つのコースに分かれて,18の企業・官庁を訪問させていただきました。ふだんは大企業の研究職や総合職,管理職の方々のお話を聞く機会はありませんが,すべての企業・官庁で有意義なお話を聞くことができました。以下のものは,各企業で研修を受けさせていただいた生徒の感想の抜粋です。

①神戸税関
 神戸税関を見学させていただいて,税関の重要な役割について知ることができました。税関の歴史は古く,江戸時代末期の開国と共に神戸運上所として設置されて以降,140年以上の歴史があると知って,税関の役割が長年にわたって重要であると感じました。また税関は,その名のとおり「税」の役割と「関」の役割があるということもわかりました。公正な「税」を課税することにより,国内産業を保護したり,密輸入される危険物を「関」として取り締まることによって国内の治安を守ったり,コピー商品を取り締まることによって知的財産権を保護したり,ワシントン条約既製品を取り締まることによって貴重な動植物を保護したりと「関所」としての役割を果たしていることがわかりました。
 神戸税関の建物を見学して,日本の近代化の象徴ともいえる立派な建物だったことに感動しました。また,説明して下さった方が「税関職員としての役割は,よりよい社会のために危険を水際で防ぐこと」とおっしゃっていたことから,国を守るために一生懸命働いていることがよくわかり,素晴らしいと思いました。


②住友商事関西ブロック
 今回の企業研修の説明の中で,最も印象に残っているのは「日本の良さをわかっている社員こそが本物のグローバルな人材である」という言葉でした。
 海外駐在の社員に対して,日本と違って治安の悪い場所もあるので社員の安全に気をつけたり,発展途上国の社員にはビデオを送るなどの支援を行ったり,細かいところまで配慮されていることがよくわかりました。その反面,駐在した国の文化や歴史を学び,日本ではできない多くの経験ができるのでとてもやりがいのある仕事だと思いました。言語の違いや文化の違いから語学力とコミュニケーション能力はとても重要で,特にTOICEが600点以上必要ということから,やはり国際的に活躍されている企業だと実感しました。
 社内でも多くの部署があり,多くの国とのつながりがあるので,迅速かつ正確に連携をとるのは非常に難しいけれど,“人が命”,“信用第一”を一人ひとりが心掛けているというのを聞いて,高い意識を持って仕事されていることがよくわかりました。
 今回の研修で,日本の文化と他国の文化を理解し,誰からも信用される人になりたいと思ったし,自分も住友商事のような会社で働いてみたいと思いました。いろいろなことを知ることができてとてもよい経験になりました。

③三菱自動車水島製作所
 今回三菱自動車製作所を訪れて,安全を確保しながら人と地球にやさしい車づくりが行われていることに魅力を感じました。体の不自由な人でも乗りやすい車や電気自動車,プラグインハイブリッド,ハイブリッドカーをつくっていること,プレス工場で出たスクラップを再利用していることを知ることができました。
 また,水島製作所ではかつて戦闘機をつくっていたことや,世界でも例の少ない一貫生産工場であることは全く知りませんでした。一番印象に残っているのは,求める人材像についてのお話です。何か特に秀でていることがあって他者から必要とされ,求められる人であること,また与えられた範囲の事だけにとどまらず,それ以上のことができる人であることが大切だとの事でした。このお話を聞いて,今何をしなければならないのか判断する力と,自分の良いところを強みに変えていくことが必要だと感じました。これから企業に必要とされる人材になるために考えて行動していこうと思います。


④ベネッセコーポレーション
 私は,ベネッセといえば,「通信講座や模試」というイメージしかありませんでした。しかし,そのような教育だけでなく,育児や介護,金融,食材宅配などのさまざまな分野で幅広い年齢層の方と密接に関わっていることを知り,ベネッセがとても身近な存在に感じられました。
 また,社員の方の「仕事」についてのお話では,実際の業務内容を直接聞くことができ,「一つ一つのことを着実に進める力」や「物事に柔軟に対応する力」,「コミュニケーション力」など,企業で働くためには多くの力を身につける必要があることがわかり,とても勉強になりました。
 今回の研修は,美しい社内を見学したり,働いている方の生の声を聞いたりと,大変有意義なものになりました。これから,自分の将来について考えていく中で,今回の経験を十分生かしていきたいと思います。


⑤シャープ歴史・技術ホール
 歴史・技術ホールを見学して,歴史のコーナーでは,創業者の早川徳次氏が小学2年生までしか通えていないにもかかわらずラジオを分解して研究し,日本初のラジオを完成させるなど,波瀾万丈な人生に,驚き,感心させられることばかりでした。技術のコーナーでは日本初の家電をたくさんシャープさんが発売しているのだとわかりました。中には両面テレビ画面のブラウン管テレビや,ユニークな商品がたくさんありました。「人にまねされるものをつくれ」という信念が家電を見学して伝わってきました。プラズマクラスターや太陽電池などすごい技術,商品の説明がよくわかりました。マザーガラスの再利用など,いろいろな面で地球環境にも心がけているところがすごいと思いました。
 また,私たち高校生が何をすべきか,シャープという企業はどのような企業かわかりやすく説明していただきました。お話を聞くまでは自分たちがしていることは本当に意味があるのだろうかと思っていましたが,仕事をしていくためには必要不可欠であることがわかりました。シャープに行くことができて本当によかったです。



⑥花王エコラボミュージアム
 花王エコラボミュージアムを見学して,人の生活の向上のための新商品開発と自然環境の改善のどちらにもまっすぐ向き合っていることに感銘を受けました。工業廃水が魚が住めるくらいきれいで,自然への配慮に尊敬しました。また,商品の運搬用の段ボールの工夫で,使用段ボールの大幅な削減や運搬のためのエネルギーの削減につながるなど,小さな工夫が大きな結果につながることを実感しました。エコな取り組みについて楽しく学ぶことができ,自分の生活も改善していきたいと思いました。
 私は将来の仕事として商品開発にも興味を持っています。知識も必要であるがコミュニケーション力や,グローバルな視点,一つのことに挑戦し続ける姿勢などが必要であることがわかりました。これからの学生生活に生かし,たくさんのことを学んでいこうと思います。


⑦武田薬品工業
 武田薬品では,工場見学とビデオを拝見して,お話を聴きました。工場見学では,思っていたよりも大きな機械がたくさんあり,驚きました。錠剤になる粉末の秤量や注射液のチェックは今でも人の手や目で行われていることを知り,大変だと思いました。また,フィルムコーティングの過程では,錠剤ひとつひとつに欠陥がないか調べるためにたくさんのカメラ・センサーでチェックしたり,フィルムは水の品質をあげてつくっていたり,知らないところで安全性を追求していました。
 ビデオ視聴では,武田薬品のことについて分かりやすく知ることができました。共創にして,同じ専門の人々で情報交換しやすくしていることや建物の造りなどから省エネしていたり,働く人々が働きやすい環境づくりをしていました。人の命にも関わるような仕事なので大変だと思うけれど,とてもやりがいのある仕事であると思いました。学んだことをこれからの進路選択に生かしていきたいです。


⑧JT生命誌研究館
 生物については,高校で習っていなかったので,原腸形成という言葉は知りませんでした。だけど,講演はとても面白かったし,楽しみながら理解できました。特にすごいと思ったところは,元々皮膚だった場所が神経になるということでした。そして,卵を眉毛で切ったり,寒天に埋めたりするというアイデアには本当に驚かされました。イモリの研究で聞いたことで,両生類にとって0.5%の塩水が都合よいということは初めて聞いて衝撃的でした。今世界で知られている虫の種が3%であるということにも驚かされました。展示されている物はどれも興味深く,もっと見ていたかったです。
 JT生命誌研究館で働いている人たちは,自分の研究に誇りを持っているように感じました。今回の企業研修では,何よりも生き物を好きになりました。本当に貴重な体験となりました。


⑨京セラ本社
 今回の研修では,地域の発展のために活動している京セラの一面を見ることができました。京都サンガF.C.のサポート,美術館の無料開放,京都賞の創設など,地域のための貢献活動を活発に行っていることを知り,グローバル企業として成長しながらも地域貢献を大切にしている姿勢に感銘を受けました。
 また,この研修では「発言すること」がいかに大事かということも学びました。自分の意見を持っているだけではなく,それを周りの人たちへ伝えること,自分から話すということができる人が企業に入ってもどこへ行っても求められるとのお話をしてくださいました。私は普段それほど自分から話したり人前で発言したりすることはないので,このお話を聞いたとき,とても考えさせられました。今回の研修は,いろいろなことを考え,経験し,非常に充実したものとなりました。経験したことを将来に生かしていけるよう頑張りたいです。

 
⑩積水ハウス・納得工房
 私は自分の「家」が大好きです。落ち着けるし,家に帰って一休みすることで明日も頑張ろうという気分になれます。そんな家づくりに以前より興味があったので,今回の企業研修は本当に楽しみにしていました。
 実際の研修で,ただ単に「家」のことだけでなく,その「家」が与える環境への影響も考えて最高の「家」を提案していることが分かりました。また,納得工房を体験させていただいて感じたことは,住む人のニーズに沿った家づくりが大事だということです。様々に工夫された展示があって,家づくりはゆっくり吟味することが大切だと思いました。誰もが住みやすい家,環境にやさしい家への日々の研究・開発によって,今,私たちが居心地よく生活できているのだと思います。私も将来は,人が幸せな気持ちでいられるようなお手伝いができる仕事につきたいと思いました。


⑪よみうりテレビ
 今回の研修で,普段何気なく見ていたテレビ番組が視聴者の人々を楽しませるために,細部にまでこだわって作られていること,ニュース報道のスタジオでは,テレビの画面越しでは分からないようなことを知ることができました。見学に来た人だけが分かるような工夫があったりもして,とても楽しく見学できました。
 また,実際に仕事をしている人がいるという環境で研修させていただいたことで,その雰囲気に触れることができ,仕事というものに対する関心が高まりました。働くことは大変だと感じる一方で,真剣に自らの仕事を行う方の姿を見て,私もあのように,将来就いた仕事に取り組みたい,そして,自分の仕事に誇りの持てる人になりたいと感じました。
 一つのテレビ局の中でも,様々な仕事があるのを見て,たくさんの職業があることも感じましたし,大変貴重な経験ができた研修でした。


⑫日本銀行大阪支店
 学校でお金の仕組みや日本銀行の役割などを学びましたが,親近感がわかず未知の世界のようなものになっていました。しかし,今回の企業研修で,日本銀行の歴史や仕事のことを詳しく丁寧に教えてくださり,お金に興味を持つようになりました。
 一番驚いたことは,紙幣には,偽造されないように何カ所にも工夫がされていることでした。私は紙幣が透けて見えることしか知らなかったので,少し得した気分になりました。周りの友達にも教えてあげようと思いました。
 私は,日本銀行で働いている方々が,とても真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。黙々とそれぞれの仕事をされていて,私にもこれくらい一生懸命勉強をしたり,将来は,これくらいに姿勢で仕事に取り組んでいきたいと思いました。

⑬大阪企業家ミュージアム
 企業家ミュージアムには105人の企業家が展示されていると知って驚きました。よく名前を聞く企業の創始者が誰かわかってとても勉強になりました。
 105人のうちの何人かの企業家の話を聞いて,共通点はないか考えてみました。そして,二つの共通点を発見しました。一つは,失敗してもあきらめずに挑戦し続ける根気のよさです。そしてもう一つは,考えたことを行動に移せる行動力です。失敗を恐れずに挑戦し続けることが大切であると思いました。
 また,小林一三さんの,「平凡なことを忠実に実行できないような若者は,将来の見込みはない」という言葉が心に残っています。
 学生である今は,失敗を恐れず,いろいろなことに挑戦し,提出物の期限をきちんと守るなど基本的なことをしっかりできるように心がけようと思いました。


⑭セシール
 母がセシールを利用していることもあり,私は今回の企業研修を楽しみにしていました。志度ロジスティクスセンターは敷地が広く自然も多い場所にありました。社員の方々が挨拶してくださって気持ちが引き締まりました。そして,ラインの見学をしていたときに従業員の方々がわざわざ手を止めて挨拶をしてくださったことにとても感激しました。
 見学が終わったあとの質疑応答は,質問を出し合って,“一緒に考える”という形のものでした。自分たちのお気に入りの店の特徴を出し合って,それらを通信販売に置き換えると何になるのかを考えました。その答えはお客様に対する気づかいであり,それをすることが通信販売にとって信頼を得ることにつながるということが分かりました。私たちの研修のためにセシールの方たちがいろいろな工夫をしてくださったことを大変うれしく思いました。今回の研修で通信販売についての認識を深めることができ,セシールさんに企業研修で訪問させていただき本当によかったと思います。

⑮日亜化学工業
 光の三原色を用いて、青色LED+蛍光管=白色LEDという公式が成り立つことに驚きました。やりがいと収入の両方を求めず、一方だけを求める。やりたい職と自分が出来る職は必ずしも一致しない。など現実の社会の厳しさも教えてもらいとてもためになりました。
 「シミュレーションで満足するな、体を動かせ」「しっかりした動機をもって職に就け」などの名言に心を動かされ、自分もこのように強く生きていきたいと思います。知識だけの人間にならず、知識+経験によって生まれる知識をたくさん持った人間になれるようにこれからも様々なことに挑戦していこうと思います。


⑯大塚製薬板野工場
 大塚製薬の企業研修はとても楽しかったです。特に商品の製造過程を見られたことはとてもおもしろかったです。よく見かける粒剤やニュートラシューティカルズの製品が作られているのを見て,想像していたよりははるかにすごいと驚きました。また,説明の時には,今まであまり知らなかった大塚製薬の歴史や商品,大塚らしさを詳しく知ることができてとてもよかったです。また環境に優しいということで工場の敷地が公園のように緑豊かなことに驚きました。
 また,大豆がさまざまな問題を解決してくれるというソイ+ソリューション=『ソイリューション』という言葉や,99,95%ゼロエミッションなど,環境問題や自然に対する力の入れ方がすごいなあと感じました。それらのことについて,工場を見学しながら説明を順番にしてくださったので具体的によく分かりました。SOYJOYが袋詰めされているのをみて「ここで8カ国分のSOYJOYがつくられているのだなあ」ということを改めて実感しました。
 大塚製薬にて研修させていただき多くのことを学び,これからの進路決定に役立てていきたいと思います。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

 
 


16:42