2017/09/28

徳島大学 渡部稔 教授に講演していただきました。

| by:G-Skill研究班

  平成29年9月22日(金),2学年の生徒を対象として,徳島大学教養教育院ならびに理工学部教授の渡部稔先生に「『情報リテラシー』を身につけよう」というタイトルで課題研究について講演をしていただきました。渡部先生は,例年2年生の課題研究の指導をしてくださっています。
 今回の講演では,課題研究のテーマ設定・研究方法・発表方法を三本柱にお話していただきました。生徒たちは夏休みを通して研究を進め,現在は発表のためのスライドや原稿の作成に取りかかっています。具体例を通してまとめ方のポイントを教えてくださり,「わかりやすいスライドにするコツ」や「参考文献の記載方法」など多くのことを学ぶことができました。
 また,講演の最後には渡部先生ご自身が「遺伝子組み換え作物~食糧危機の救世主・・・!?~」というテーマで模擬発表をしてくださり,分かりやすい研究発表はどういうものかということを身をもって学ぶことができました。



生徒の感想・・・(一部抜粋)
・課題研究をこれからも進めていく上で大切なことをことを沢山学べた。また,今回のお話は課題研究だけではなくこれからの授業や大学進学後にも役立つものだと強く実感した。班のメンバーと話し合いをより深め,伝えたいことがきちんと伝えられるような発表をしたい。

・調べたものにインターネットを沢山利用したけれど,あまり情報リテラシーについて注意しておらず,自覚もなかったので今日のお話がとても役に立った。せっかく自分たちの興味があることを研究できるすてきな機会なので,自分たちらしい研究を進めていきた

・「情報リテラシー」を身につけるための課題設定の方法や工夫,発表の工夫などについて教えていただいた。お話の中で,”どんなにいい情報を持っていても,相手に伝わらないと意味がない”とおっしゃっていたことがとても心に残った。私たちの班は実際にアンケートなどもしているので,それを活かせるための工夫をしたいと思った。
 
 
 

17:21