2014/09/18

平成26年度「NIPPON」探究スクール 活動報告3

| by:企画・研究課

摂南大学研修 8月24日(日)
 文書館の徳野隆先生から御紹介いただいた摂南大学教授佐藤正志先生から「羽ノ浦町岩脇地区の小作争議」についての特別講義をしていただけることになりました。

 ちょうど,摂南大学のオープンキャンパスで,講義前にいろいろと見学させていただきました。驚いたことに,受付でいただいた資料の中に,ランチサービスチケットとドリンクサービスチケットが入っていました。たいへん助かりました。

 佐藤先生の研究室での特別講義では,私たちのためだけにわざわざ20ページにも及ぶような資料を用意してくださっていて,恐縮すると同時に身が引き締まりました。
 資料に基づいてわかりやすくお話してくださったので,大正デモクラシー研究の最先端や,当時の徳島県内での小作争議についてよく理解できました。これまでの文書館研修や石井町公民館研修の内容が有機的につながって,全体像とともに岩脇争議の実像に迫ることができたように思います。初期の小作争議と後期の小作争議での質の違いや,争議の要望と緩和のために組織された協調組合の持つ意味について教えていただき,帰ってから自分たちでもさらに調べてみようという気持ちになりました。講義後の質問にも丁寧に答えてくださり,あっという間の2時間でした。最後には,各人に1冊,御著書もくださり,本当に感激しました。
 佐藤先生,ありがとうございました。頑張ります。

資料いっぱいの研究室での講義


講義後に研究室で記念撮影



15:24 | コメント(0)