2014/08/16

平成26年度「NIPPON」探究スクール 活動報告2

| by:企画・研究課

石井町中央公民館研修 8月5日(火)

 文書館の徳野隆先生から御紹介いただいた石井町中央公民館の立石惠嗣先生の講義を聴講できました。
 立石先生の研究テーマの1つが,徳島県における藍作から桑作(養蚕・製糸)・稲作への転作であり,時代としては江戸末期~昭和初期にあたります。大正期における農民運動にも精通されており,大変参考になりました。
 映像資料やパワーポイントでのスライドショウなども織り交ぜて,とてもわかりやすくお話してくださいました。「当時の人々のおかれた状況や気持ちがイメージできるようになると,歴史の勉強は楽しくなるよ。」と,研究に取り組む姿勢についてもアドバイスをいただきました。


立石惠嗣先生より江戸後期からの日本と徳島について講義していただきました。


平成10年放送のNHK徳島「徳島映像の20世紀」が参考になると,見せてくださいました。
16:23 | コメント(0)