2014/11/21

徳島大学医学部体験学習

| by:国際交流課

 平成26年11月15日(土),2学年14名で徳島大学医学部を訪問し,体験学習を行いました。今回の体験学習はスーパーグローバル講座academic(大学との連携による取り組み)に位置づけられ,SGH事業のテーマである「人類の健康と環境に貢献するグローバルリーダーの育成」に関する取り組みの一環として,医療を志すものとしての心構えを学ぶと共に,体験を通して将来的な研究に対する意欲を高めることを目的としています。
 この日は土曜日で,大学は休日であったにもかかわらず,医療を志す城東生のためにと,福井 清教授,勢井 宏義教授,赤池 雅史教授,岩田 貴准教授,長宗 雅美特任助教をはじめとする先生方,大学院の研究生の方々,留学生の方々そして城東高校の卒業生まで,多くの方々が参加する,朝早くから夕方遅くまでの丸一日のプログラムを組んでいただき,講義や実習を体験させていただきました。基礎医学体験実習では,研究生として海外から来ている留学生の方から指導していただき,英語でやりとりしながら実験を進めました。
 日常では得難い経験を通じて,医療を志す者としての心構えから研究者としての熱意や使命感まで,将来の自分たちの核となり,エネルギーの源となるものを学び,感じ取ることができた貴重な一日となりました。


◆医学部体験学習プログラム内容◆
1.「医学部講義Ⅰ」 疾患酵素学研究センター長 福井  清 教授
2.「先輩に聞く」  医学部3回生(城東高校出身)
3.「基礎医学体験実習 “唾液からDNA抽出”」 医学部長補佐 勢井 宏義 教授
4.「スキルスラボでの臨床体験」  大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
     赤池 雅史 教授,岩田 貴准教授,長宗 雅美 特任助教
5.「医学部講義Ⅱ」 医学部長補佐 勢井 宏義 教授


 
 
 


11:48