2016/12/07

徳島大学医学部・城東高校医学体験実習

| by:G-Skill研究班


 11月12日(土),2学年10名で徳島大学医学部を訪問しました。
 医療を志す城東生のためにと,昨年に引き続き,休日を返上して,勢井 宏義先生,野寺 裕之先生をはじめとする諸先生方,留学生の方々そして城東高校の卒業生まで,多くの方々に参加していただき,朝早くから夕方遅くまでの丸一日のプログラムで講義や実習を体験させていただきました。
 日常では得難い経験を通じて,医療を志す者としての心構えから研究者としての熱意や使命感まで,将来の自分たちの核となり,エネルギーの源となるものを学び,感じ取ることができた貴重な一日となりました。


日時:11月12日(土)8時40分集合
場所:徳島大学医学部 基礎第1講義室,スキルスラボ

8:50-9:00      勢井 宏義(医学部長補佐)先生 挨拶
9:00-9:40      野寺 裕之 先生(神経内科)講義
9:40-10:00    医学科3年 (城東高校出身)“先輩に聞く”
10:00-12:00  基礎医学実習体験“唾液からDNA抽出”(第2総合実習室)
             勢井 宏義 先生 ほか 徳島大学医学部スタッフ・留学生
12:00-13:00  昼食・休憩・午後への準備
13:00-16:00  スキルスラボでの臨床体験
             大学院医歯薬学研究部
             赤池 雅文 先生 吾妻 雅彦 先生 岩田 貴 先生  
16:00-16:15  振り返り


生徒の感想・・・(一部抜粋)
 ・今回初めて医学体験に参加させて頂きました。医師の仕事や医療について知らないことはたくさんあり興味をもって参加することでできました。貴重な体験をありがとうございました。

 ・何度か医学体験をさせてもらったことはありますが、今回は,聴診器を使って異常な音を聞き比べたり,傷が残りにくい縫い方を教えて頂いたりするなど,より詳しいことを学ぶことができました。また,機会があれば参加したいです。

 ・アメリカで働くために必要な「USMLE」(United States Medical Licensing Examination,アメリカの医師免許試験)について詳しく教えて頂いたり,アメリカでの医療の良さ等を知ることができました。

 ・DNAを取り出す実験では,全て英語で授業と言われたときは驚きましたが,すぐに留学生方がわかりやすく説明をしてくださり活動することができました。英語力とコミュニケーション力が必要だということに気づかされました。

 
 


14:23