SGH スーパーグローバルハイスクール
12345
2017/11/03new

課題研究グループ別発表会及びSG講座academicが行われました。

| by:G-Skill研究班


平成29年11月2日(木)に第2学年による課題研究グループ別発表会を行いました。
 第2学年全員が少人数の班に分かれ,それぞれ研究に取り組んできましたが,今回は,その研究の成果をすべての班がパワーポイントを用いて発表しました。
 指導・助言には,徳島大学の8名の先生方がお越しくださいました(うち2名の先生は16日に実施予定)。 7月に続いて,今年2回目の指導になります。

【自然科学分野】       教養教育院(応用化学分野)  南川 慶二 教授
【工学分野】         理工学部(制御工学分野)   安野 卓  教授
【医療分野】         国際センター(眼科学分野)  内藤 毅  特任教授
【医療分野】         医歯薬研究部(地域看護分野) 岡久 礼子 准教授
【人文科学分野】       総合科学部 社会総合科学科  村上 敬一 教授
【社会科学分野】       総合科学部 社会総合科学科  矢部 拓也 准教授
【教育分野】         総合科学部 教職教育センター 中川 隆彦 教授
【芸術・生活科学・国際分野】 国際センター(国際交流分野) 福岡 佑子 特任教授

 
 
 


 また,この日は「とくしま教育週間」であり,この様子を徳島県教育委員会の教育長をはじめ教育委員の方々が、多数視察に訪れました。

 そして,各班の発表を聴いて,研究分野別のグループ内で相互評価をし,それをもとに2月にあわぎんホールで行われる課題研究発表会の代表班が決定されました。
 代表班とテーマは次のとおりです。なお,テーマは仮題です。

◆ グループ   班     テーマ  ◆

  自然科学 6班   オオカミの遠吠えは緑をよぶか
  工学   5班   仮設住宅は必要ないのか
  医療A  1班   君の記憶にレボ☆リューション~意図的に記憶力を高めることはできるのか…?~
  医療C   1班   ”笑い”によって病状は緩和されるのか
  人文社会 D班   私たちは空気を読むべきか
  社会科学 3班   徳島の藍産業を活性化させることはできるのか
  教育   1班   日本の英語教育は正しいのか?~中国の英語教育と比較して~
  生活科学 2班   そば米汁は徳島に広められるのか?
  国際   4班   日本はJAPONになれるのか
  国際   5班   インドネシアのゴミ問題は改善できるのか


 今回,選ばれた代表班はパワーポイントや発表の流れを見直し,来年2月の課題研究発表会の準備にかかります。この時期から指導を受けるたびに一層よい発表となったので,今年も期待されます。また,次のステップは論文作成です。すべての班の課題研究を論文に作成します。口頭発表とは違った難しさがありますが,講師先生からのアドバイスをもとに班員と協力してよりよい論文作成に取り組みます。


18:00
2017/10/30new

グローバルリーダー育成メソッドⅡ homeが行われました。

| by:G-Skill研究班

平成291025日(水)に,グローバルリーダー育成メソッドⅡ homeとして,外務省「高校講座」を1年生対象に実施しました。「外務省の仕事と役割を知る」と題し,外務省国際法局 国際法課 課長補佐 柏口温子先生に講演をいただきました。

講演では,外務省の仕事と役割,働く意義,貧困問題,国際情勢,外交問題,ODAなどについて,赴任国であるケニアでの勤務経験を中心に説明していただきました。また,国際ボランティア活動や留学経験についても語ってくださり,国際理解,異文化理解の重要性を再確認することができました。

人間的魅力に満ち溢れた先生からのメッセージは,どれも心に留めておきたいものばかりで,将来の自分像を考える機会や進路決定の一助となりました。

講演後には座談会が開かれ,希望生徒が参加しました。講演内容を踏まえた質問や,英語学習,海外留学,高校生活など様々なことについて教えていただきました。



生徒の感想・・・(一部抜粋)

・「世の中にはいろんな役割を持つ人がいて,そのうち誰か一人が欠けても世の中は動かない」という言葉が印象に残りました。

・「自分の限界を決めてはいけない。やる前にあきらめるのは自分に失礼だ」という言葉には大変感動し,印象に残っています。将来の具体的な夢は決まっていませんが,柏口先生のような,世界の人々のために様々なことを頑張れる人になりたいです。

・何カ国もの国々に足を運び,様々な現状を見てこられた方からのお話はとてもリアリティーがあって,今まで自分の見えてなかったものが,外交というテーマ,外務省という仕事を通して少し見えたような気がします。支援は様々な形で出来ることだと思いますが,私はできる限り直接的に関わってみたいです。

 

・外交についてのお話から,外交官の魅力などについて知ることができました。人と人とのつながりの上に成り立ち,全人格が試される仕事であることを知り,外交官への興味・関心が増しました。

 

・特に印象に残っているのは,世界の貧困についてです。私の想像を遙かに上回る話ばかりで驚きました。「現場を知らないと,よかれと思ってやったことも,大体はうまくいかない」という言葉は,特に心に響きました。現場を知るということがどれほど大切か,とても考えさせられるお言葉でした。

 

・一番印象に残ったことは,先進国と発展途上国の投票率の差についてです。発展途上国では投票率は100%近くであると知って,とても驚きました。自分の住んでいる国に対しての興味や関心に大きな差があるのだと感じました。僕はもうすぐ18歳になり,選挙権を得ることが出来ますが,政治についての情報を入手し,必ず選挙に行きたいと思っています。

 

・この講演で僕が印象に残ったのが,「信頼」をテーマにしたお話です。日本が他国に技術支援や経済的支援などで得た信頼は,後に日本が危機になった時、いわずとも支援してくれたりして,双方で助け合っていく,これが本当の信頼関係と呼べるものと改めて感じました。

 

 



18:37
2017/10/30new

平成29年度徳島大学授業体験に参加しました。

| by:G-Skill研究班


平成29年10月16日(月)~18日(水)の3日間にわたり,本校2学年の希望生徒135名が26の講義に分かれて授業体験に参加しました。大学生の先輩方に交じって普段の授業に触れることでより,大学について理解を深める機会となりました。実際に講義を受けてみての感想を次に紹介しておきます。 

 

総合科学部社会創生学科公共政策コース

 今回,私が受けた講義では衆議院の政治や選挙についてのお話でした。「保守派」と「リベラル」の具体的な違いや政党の特色などについても知ることができました。政治や経済には前から興味を持っていてよく新聞を読んだりニュースを見たりしていたのでより深く知ることができとても楽しかったです。


総合科学部社会総合学科心身健康コース

 先生の授業スタイルとして「ハイタッチ大作戦」というものがとても印象的でした。質問がなければ,「はい,OK!」とハイタッチをするもので,普段は授業中に大きく動くことも,大きな声を出すこともないので驚きました。体を動かすことで記憶を残すように心へアプローチするスポーツ心理学の考え方に興味を持つよいきっかけになりました。

生物資源産業学部 基礎生化学

 すべての内容が今までまったく知らなかった初めての訳ではなく,原核細胞や真核細胞をはじめとし,,高校の授業の内容が含まれていることが分かった。高校の学習内容の延長上に大学の授業があることが分かり,きちんと理解しているかどうかで大学での新しく学ぶことへの理解も大きく変わってくると実感しました。

理工学部社会基盤デザインコース

 建造物のいたるところでコンクリートの劣化が進んでいて,それらのメンテナンスをどうするかが大きな課題となっていることがよく分かりました。メンテナンスを怠ると重大な事故につながってしまうのでとても大切だと思いました。社会基盤デザインコースでは物理的な要素が多いのかと思っていましたが,今回の講義で化学的な知識も必要だと分かりました。


薬学部 細胞生物学

 内容は難しすぎてさっぱり理解できないだろうと思っていたが,分かりやすく簡潔にまとめてあるパワーポイントでの講義だったのでスムーズに理解できた。ウイルスの種類とその特徴だけでも20種類以上覚えなければいけないのでそれだけでも大変なことだなと感じました。

 

医学部保健学科看護学

 それぞれの症状に看護ポイントがあり,それをひとつひとつ覚えて行動していくことは大変そうだけどとてもやりがいのあることだと思いました。元看護師であった先生が教えてくださるので現場でのことも聞くことができたのはとてもよい経験でした。今回の講義を受けてもっと学びたい,もっとお話を聞きたいと強く感じました。

薬学部
今回受けた講義は化学というより物理に近く,古典力学や量子力学という単語が多く使われていました。先生が講義のなかで使うことばのなかには最近習ったブラウン運動やありました。また,地学で習った内容も出てきたので少し驚きました。




18:26
2017/10/23new

スーパーグローバル講座Professionalが行われました。

| by:G-Skill研究班

  平成291019日(木)第1学年対象のスーパーグローバル講座Professional として大塚ホールディング株式会社総務部課長 梅津 芽生先生に「大塚の海外におけるCSR活動について」というテーマでの講演をしていただきました。

講師の梅津先生は徳島県のご出身で昨年に引き続き今年の夏もインドネシア研修で引率をしていただきとてもお世話になっている先生です。今回はCSR活動や大塚グループの海外におけるCSR活動の実践についてお話くださいました。

CSR(企業の社会的責任)活動とは社会に対して「応える能力」であるという話から始まり時代の潮流によって企業に求められる役割も変化することや国際的フレームワークである国連グローバルコンパクトのこと最近では企業だけではなく全ての組織が持続可能な社会への貢献に責任を持つべきだとするSR(社会的責任)について,詳しく説明してくださりました。

係わっている人々・地域社会・環境への「恩返し」として行っている大塚グループの海外でのCSR活動は多種多様です。メキシコでビタミン不足の女性や子供たちにビタミンサプリメントを届ける活動ミャンマーに助産診療センターを作る活動パキスタンの無料診療所での様子インドネシアでのSATUHATIチャリティー活動の例などを紹介してくださいましたが、どの活動も「大塚だからできること、大塚にしかできないこと」を念頭に決めているそうです。全てのCSR活動において根底に”Otuska-people creating new products for better health worldwide” という企業理念があることを感じました。

 「CSR活動」という言葉は知っていても具体的な活動内容はあまり理解できなかった生徒も今回の講演を聴いて理解が深まったようで「自分でもCSR活動について調べてみたい」という感想も聞かれました。

生徒の感想・・・(一部抜粋)

CSR活動とはというところから大塚グループのCSR活動について詳しくお話してくださりよりCSR活動についての理解が深まりました。パキスタンの難民診療所では宗教に配慮して女性の患者には女性の医師が診るなど支援する中でもそれぞれの人に合わせるという工夫をしていると思いました。他にも様々なCSR活動をしていると思うので今回のことをきっかけに調べてみたいと思います。

・企業理念とCSR活動の関係はあまり分かっていなかったけれど今回の講演で強い結びつきがあるのだと知りました。日本国内にとどまらず世界に目を向けることで企業として大きく成長できるのだろうと思いました。いろいろな企業や組織のCSRSRに興味を持ちました。

CSR活動は主に世界や国地域など大きな単位でしているものばかりであると思っていたけれど学校やスポーツクラブなどで熱中症予防などの活動をしているなどと聞いて身近なところにCSR活動があるのだと知りました。


・創業したときから海外を視野にいれていたということは
すごい大きな夢を持っていたということなので私もそんな風に大きな夢をもち実現できるように追い続けたいと思った。


 

16:29
2017/09/28

徳島大学 渡部稔 教授に講演していただきました。

| by:G-Skill研究班

  平成29年9月22日(金),2学年の生徒を対象として,徳島大学教養教育院ならびに理工学部教授の渡部稔先生に「『情報リテラシー』を身につけよう」というタイトルで課題研究について講演をしていただきました。渡部先生は,例年2年生の課題研究の指導をしてくださっています。
 今回の講演では,課題研究のテーマ設定・研究方法・発表方法を三本柱にお話していただきました。生徒たちは夏休みを通して研究を進め,現在は発表のためのスライドや原稿の作成に取りかかっています。具体例を通してまとめ方のポイントを教えてくださり,「わかりやすいスライドにするコツ」や「参考文献の記載方法」など多くのことを学ぶことができました。
 また,講演の最後には渡部先生ご自身が「遺伝子組み換え作物~食糧危機の救世主・・・!?~」というテーマで模擬発表をしてくださり,分かりやすい研究発表はどういうものかということを身をもって学ぶことができました。



生徒の感想・・・(一部抜粋)
・課題研究をこれからも進めていく上で大切なことをことを沢山学べた。また,今回のお話は課題研究だけではなくこれからの授業や大学進学後にも役立つものだと強く実感した。班のメンバーと話し合いをより深め,伝えたいことがきちんと伝えられるような発表をしたい。

・調べたものにインターネットを沢山利用したけれど,あまり情報リテラシーについて注意しておらず,自覚もなかったので今日のお話がとても役に立った。せっかく自分たちの興味があることを研究できるすてきな機会なので,自分たちらしい研究を進めていきた

・「情報リテラシー」を身につけるための課題設定の方法や工夫,発表の工夫などについて教えていただいた。お話の中で,”どんなにいい情報を持っていても,相手に伝わらないと意味がない”とおっしゃっていたことがとても心に残った。私たちの班は実際にアンケートなどもしているので,それを活かせるための工夫をしたいと思った。
 
 
 

17:21
2017/08/16

インドネシア研修に行ってきました。

| by:G-Skill研究班


 平成29年7月31日~8月5日,5泊6日の日程で、2学年の男子6名女子8名計14名がインドネシア研修に行ってきました。本研修は今回で3回目となりますが、大塚製薬とASEAN日本政府代表部の皆様の全面的な協力のもと実施しています。

<1日目>
徳島空港7時40分発の飛行機に乗り込み羽田空港へ移動したのち,羽田発11時45分の国際線でジャカルタへ出発,現地時間の17時15分(時差はマイナス2時間)にスカルノハッタ空港に到着しました。

<2日目>
 午前は大塚グループの現地法人であるアメルタインダ大塚(以下AIO)の本社を訪問しました。板東義弘社長,中田梢マーケティングリサーチマネージャーからお話をうかがいました。“What only ○○ can do?”,強みを生かし,自分にしか,大塚にしか,あなたにしかできないことは何かという板東社長のお話をはじめとして,グローバル社会を生きるうえでの示唆に富んだ内容でした。また昼食を囲んで社員の皆さんと交流の場も設けていただきました。
 午後は今回で3年目の交流となるStella Maris校を訪問し,自己紹介や校内見学ののち,2日後にManggis小学校で実施する環境啓発教育についての打ち合わせやリサイクル工作の事前準備などの活動を行いました。

 
 
 


<3日目>
 午前はASEAN日本政府代表部(日本大使館)を訪問しました。河原卓書記官からASEANの現状と日本との関係について,また山口敬一書記官からはインドネシアと日本の交流について、お話をいただいたのち質疑応答を行いました。急成長を続けるインドネシアとASEAN諸国に関する実体験に基づく具体的なお話は、大変興味深く貴重なものでした。
 午後は,AIOの社員の皆さんに同行させていただき、ポカリスエットの啓発・サンプリング活動のサポートをしました。医療関係グループは現地の2つの病院で,スポーツ関係グループはフィットネスジムと現地国立高校で活動をしました。

 
 
 

<4日目>
 バスでジャカルタ中心部より2時間あまりかけ,スカブミまで移動しました。
 午前は現地のManggis小学校を訪問しました。Stella Maris校生14名とともに,5・6年生を対象に日本文化の紹介と環境に関する啓発活動を行いました。日本の夏の文化を紹介し,一緒に七夕飾りを作り願いを込めました。また環境啓発活動では,ペットボトルを活用したリサイクル工作を行ったり,ゴミ拾い競争やミニほうき活用を通して環境意識を向上する取り組みをしました。子どもたちの純真で一生懸命な姿に私たちもパワーをもらい,充実した活動となりました。
 午後は,AIOのSukabumi工場を訪問しました。世界に通じる規格を目標に最先端の技術を取り入れた生産ラインを、見学をさせていただきました。また,タブレット端末を活用したクイズや、デジタル技術を駆使した映像による体験型アトラクションで楽しみながら学ぶことができる仕掛けに、大興奮の研修となりました。
 
 
 


<5~6日目>
 午前はイスラム系の高校であるAl Azhar校Kelapa Gading支校を訪問しました。到着するなり歌と踊りの熱烈な歓迎を受けました。歓迎セレモニーのあと,ゴム跳びやメンコのようなインドネシアの子どもの遊びに興じました。我々は、日本文化や城東高校での生活,アニメなどのポップカルチャーの説明をクイズを交えて行いました。徳島の紹介は何といっても阿波踊り!最後はAl Azharの生徒の皆さんを巻き込んだ総踊りで盛り上がることができました。交流活動のあとは,普段は滅多に見ることができない金曜日の昼の礼拝を特別に見学しました。敬虔な祈りの雰囲気に圧倒されましたが,イスラム文化の一端に触れることができました。
 今回の研修で,大変お世話になったAIOの中田さんと最後の昼食をご一緒させていただきました。興味深いお話に名残は尽きませんでしたが、別れを惜しみつつのお別れとなりました。中田さん,“Terima kasih” 本当にありがとうございました。
 午後は,独立記念塔・国立博物館・ショッピングモール等を観光し,インドネシアの歴史や文化に触れることができました。そしていよいよ帰路へ。23時35分ジャカルタ発羽田行きの便で日本へと無事帰ってきました。

 
 
 



16:00
2017/08/15

京都大学オープンキャンパスに参加しました。

| by:G-Skill研究班

 8月9日・10日に京都大学のオープンキャンパスに行きました。
学部説明会やキャンパスツアーなど充実した一日を過ごすことが出来ました。


11:06
2017/08/07

SGH研修および東京大学オープンキャンパス参加しました。

| by:G-Skill研究班


   8
2()から85()まで東京大学オープンキャンパスとSGH研修に行きました。

<国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所訪問>
 
    世界の食糧事情と飢餓撲滅のためのFAOの基礎的活動および現場支援活動について学びました。 
Mbuli Charles Boliko 
所長のグローバルリーダーになるための心構えについてのお話しは心に残りました。私たちの質問にも時間の限り丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

<文部科学省日本ユネスコ国内委員会訪問>

 
    文部科学省日本ユネスコ国内委員会を訪問しました。ユネスコが世界で果たしている役割や日本でのユネスコ活動の現状について学びました。また,ユネスコにおける持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みについてもお話しいただき,私たちの質問にも丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

<東京大学オープンキャンパス参加>
 
 

   東京大学オープンキャンパスにも参加しました。東大赤門をくぐり,安田講堂の前で記念撮影しました。オープンキャンパスでは各自の進路に合わせて講演を聴きました。将来の進路を考える良い機会になりました。


<在京大学見学>

 
 
 
    東京大学駒場キャンパスの他,横浜国立大学,早稲田大学,慶應義塾大学を訪問しました。各大学では本校の卒業生が案内をしてくれました。また,卒業生の方々には宿泊先のホテルまで来ていただき,大学生活や受験勉強についてのお話しを聞くことができました。



18:06
2017/07/22

平成29年度 SGH発表会

| by:G-Skill研究班

 平成29年7月22日(土),とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)にて,SGH発表会を開催しました。人文社会コースの1~3年の生徒が出席したほか,課題研究でお世話になっている大学や企業の方,県内外の教育関係者,保護者の方々など多くの皆さんにお越しいただきました。

 昨年度に続き2度目の開催となる本年度は,研究発表ならびに海外研修の報告をすべて英語で行いました。ご講評でもお褒めの言葉をいただき,生徒たちも大きな達成感を感じることができたようです。

休日にもかかわらずお越しいただいた皆様,誠にありがとうございました。



" Should Japan Accept Foreign Wokers? "
 「日本は外国人労働者を受け入れるべきかー経済・文化的側面から考えるー」
 
 

" Exposing World Culture at an Early Age "
 「世界に羽ばたけCHILDREN!ーグローバルな子供たちを育てよう-」
 

" Can AI Be a Teacher? "
 「AIが先生になる!?」
 
 

" It's Show Time in Developing Countries!! ~ Finding a Way Out from a Developing Country through the Show Business~ "
 「It's Show Time in 発展途上国」
 
 

 Report on the Study Tour to Indonesia
 インドネシア研修報告
 
 
 Report on the Study Tour to France
 フランス研修報告
 
 

 ◆ご講評◆
 

17:00
2017/07/18

徳島大学の先生方による課題研究指導がありました。

| by:G-Skill研究班


 平成29年7月13日(木),第2学年の課題研究の指導をするために,徳島大学の8名の先生方がお越しくださいました。研究分野のグループ別に先生に付いていただき,各班がポスターでの中間発表を行った後,直接各班へご指導くださいました。

【自然科学分野】       教養教育院(応用化学分野)   南川 慶二 教授
【工学分野】         理工学部(制御工学分野)    安野 卓  教授
【医療分野】         国際センター(眼科学分野)   内藤 毅  特任教授
【医療分野】         医歯薬研究部(地域看護分野)  岡久 礼子 准教授
【人文科学分野】       総合科学部 社会総合科学科   村上 敬一 教授
【社会科学分野】       総合科学部 社会総合科学科   矢部 拓也 准教授
【教育分野】         総合科学部 教職教育センター  中川 隆彦 教授
【芸術・生活科学・国際分野】 国際センター(国際交流分野)  福岡 佑子 特任教授


 生徒と対話しながら,論題の設定の理由を再確認していただいたり,言葉の定義や結論へ導く根拠に曖昧な部分がないかなど様々な点を見ていただき,アドバイスを頂戴しました。
 まだまだ研究として未熟な点もあり,たくさんご指摘をいただきましたが,将来性のある高校生らしい研究にしてくださいとの激励の言葉をいただきました。今後,夏休み等を利用し,次なるステップへと研究を進めていってほしいと思います。


 
 
 
 

20:08
12345