総合的な探究の時間

クエスト
12
2020/01/24

2回目のSDGsセミナーが行われました。

| by:1学年
1月23日(木),先週に続いてSDGs研究グループF班のセミナーが行われました。
講師としてお越しいただいたのは,大塚ホールディングス株式会社CSR推進部の
坪井悦子先生,北岡尚子先生,広報部 鈴木成生先生 に加えて,大塚製薬株式
会社 能力開発研究所のバルケイト・サラ先生です。

セミナーではまず,SDGsの現況や,大塚グループの企業理念とSDGsへの取り組み
などをお話しいただきました。続いて,私たちF班は,「エネルギーをみんなに そして
クリーンに」と「つくる責任 つかう責任」に分かれて,ワークショップに取り組みました。
私たちは,SDGs課題の「問題点」「解決アクション」「望む結果」について,意見を出し
合い,講師の先生方からもたくさんのアドバイスをいただきました。

生徒の感想文をいくつか紹介します。

・今日,最後にお話しになった言葉が印象に残っています。それは,「SDGsに
 決められていること以外はしてはいけないのか,いやそうではない」ということです。
 「創造」とは新しいものを自分でつくることです。他人がやっていることを模倣
 するだけではなく,自分でSDGsについてできることを考え,実践していっても
 いいんだなと思いました。

・日本が現在SDGsで達成できている項目は2つしかない事実に愕然としました。
 私の日常の生活では,何も不便に思うことはなかったからです。しかしそれは
 自分が周りのことを見ていない,SDGsを人任せにしているからだと気づきました。
 これからは世界がSDGs達成のために力を合わせる時代が来ます。自分も
 「誰かがしてくれる」と考えずに、「自分は何ができるか」について調べて,行動に
 移していきたいと思います。

・今回のセミナーで,大塚グループがSDGsにどのように取り組んでいるかを知る
 ことができ,大変勉強になりました。私は,2年後にはもう成人年齢になります。
 SDGsの課題解決に向けて,ただ方策を考えて終わるだけの年齢ではないと
 改めて認識することができました。


    写真1     
    写真2 
    写真3
    写真4
09:08
2020/01/22

SDGsについてのセミナーが行われました。

| by:1学年
本校1学年では,クエスト講座として,3学期はSDGsについて
学習しています。

本日は,F班の教室に,阿波銀行経営統括部様に
お越しいただき,阿波銀行のSDGsへの取り組みについて
お話を聞かせていただきました。

なおF班は,SDGsの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と
「つくる責任 つかう責任」についての研究を行っています。

本日の講義では,
①SDGsとMDGsについて
②日本のSDGsの状況について
③SDGsと企業の社会的責任であるCSRの違い
④阿波銀行のSDGsへの取組み
などについてお話をしていただいたあと,グループでの話し合いを
持ちました。

下記は,生徒の感想文の一部です。

・私はお話をお聞きするまで,金融機関とSDGsへの取り組みが
 結びつきませんでした。しかし,行員の方がSDGsのバッジを
 つけて接客をすることで,お客様も関心を持ち、それがSDGsの
 普及につながっていることを伺い,納得しました。

・3秒に1人の子どもが亡くなっている現実からMDGsがつくられ,
 それがSDGsに発展したことを全く知りませんでした。阿波銀行
 さんのされている「歯ブラシ回収プロジェクト」には是非協力を
 したいと思います。

・日本のフードロスや,マイクロプラスティックの廃棄量が,他国に
 比べて非常に大きいことが驚きでした。グループワークも大変
 楽しく行うことができました。

09:24
2019/12/19

~世界へはばたく城東高校の皆様へ~

| by:国際交流課

                     第3回クエスト講座
      日亜化学工業株式会社総合部門経理部第二課  原口 陽 先生
                   ~世界へはばたく城東高校の皆様へ~
       
 2019年12月19日木曜日に上記の演題でご講演いただきました。 

< 生徒感想 >
「会社に必要な人材は丈夫な身体をもちおおらかさがあり、好奇心旺盛な人ということを知ることができた。これらを知識として取り入れてこれからの生活・勉強に役立てていきたい。」

「仕事のアウトプット=仕事能力×語学能力というキーワードがとても印象に残った。私は語学能力をあげることの方が大切だと思っていたけれど違っていました。」


 
     

     
    
   
14:28
2019/10/07

1年生企業研修Aコース(神戸税関・住友商事)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Aコースは神戸税関と住友商事に行きました。

生徒の感想(神戸税関)
 今回企業研修に参加して、インターネットで調べるだけでは知ることのできないものを見たり、聞いたりして学ぶことができました。
 神戸税関の担当区域には約7100kmの長い海岸線が含まれ、28の外国貿易港と5つの国際空港があるというのには、驚きました。国内の産業を守るために税関がとても重要な役割を果たしていることも学びました。ブランド物のバッグやキャラクターに似せたニセモノも見せていただいて、本当に似ていてだまされないように、買うときは気をつけなければいけないなと思いました。
 街頭キャンペーンを頻繁に行われている理由に、税関についてまずは知ってもらい、情報を提供してもらうためと挙げられていたのには納得しました。また、実際に地域の人からの情報提供で大量の麻薬を回収したという話には、驚かされました。私が最も印象に残っているのは、税関の仕事では、自分のすべての経験が役に立っているというお話です。これからの人生のために、今、たくさんのことを経験したいと思いました。今回のような貴重な体験もこれからに活かしていきたいと思います。


(住友商事)
 先日は企業研修でたくさんの大事なことを教えていただきありがとうございます。
 お話を聞いている中で、「どんな人に向いているか。」という話題になったときに、「語学力に長けている人。」という答えが返ってくると思っていました。グローバルに活躍する上で最も必要とされるのは「語学」だという固定概念があったからです。しかし、その返答は私の予想とは違った「信頼ができ、相手に思いやりをもてる人。」というものでした。これを聞いたとき、私は一番大事なものを忘れていたような気がしました。勉強するだけでは決して身につけられないものだと思いました。私の夢は通訳になることで、今それを実現するために努力しています。話を聞いてただ勉強ができる人でなく、より信頼され、より思いやれる人になろうと思いました。
 今回の企業研修では、大学進学や就職など自分自身の将来へのヒントを多く与えられました。どんな人になりたくて、どんなことを学べばいいのか、そのようなことが明確に見えてきました。10年後、20年後、私たちにヒントを与えてくれたように、誰かの将来の指針を示してあげられるような立派な人になれるように努力します。

16:08
2019/10/07

1年生企業研修Bコース(JFEスチール・ベティスミス)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。BコースはJFEスチールとベティスミスに行きました。

生徒の感想(JFEスチール)
 JFEスチールを訪れてまず驚いたのがその広さです。敷地内に大きな道路があり信号も整備されていました。1089万㎡で東京ドーム240個分と聞いてその規模にびっくりしました。世界一の製鉄所を訪れることができてとても嬉しかったです。熱延工場を見学させて頂きましたが、鉄の板が出来ている光景は始めて見ました。大きな音と熱風が吹き、すごい迫力で圧倒されました。鉄を運ぶトーピードカーに鉄が流される光景も印象に残っています。どろどろの鉄が流れる光景を初めて見ました。見るものすべて、驚くことばかりでした。会社について説明して頂き、私たちの質問に答えて頂く時間もとっていただけました。印象に残っているのは「量で勝てないなら質で勝つ」という言葉です。とても心に残りました。また、グローバルビジネスに対応するには語学力を高めること、しかし語学は道具であり、道具を使う人自身がいろいろな面で成長することが大切だということも学ぶことができました。今回学んだ多くのことをこれからの生活に役立てていきたいと思います。


生徒の感想(ベティスミス)
私は今までジーンズにそれほど興味はなかったのですが、知れば知るほど、歴史があって奥が深いなと感じるようになりました。世界でもトップレベルのデニムの洗濯技術が児島にあること、ジーンスは薬品と水と軽石と一緒に洗って色を落として加工することなど、今回の研修で初めて知りました。また、ベティスミスさんは元は制服を作る会社であったのが時代の変化に合わせて事業を変え、レディースジーンズがないことに着目して初めて開発した会社であることを知り、時代のニーズを読み取ることが必要であることを学びました。工場では丁寧に縫製するところも見させて頂きました。徳島県の池田町、三加茂町にも工場があることを知り、親近感がわきました。ストラップ作りも体験させて頂きましたが、ジーンズのはぎれから素敵な小物を作り、売り上げにつなげていることが、環境にも優しく会社にも利益をもたらすので、素晴らしいと思いました。これから服を着るときには作ってくれた人に感謝し、大切にしたいと思いました。また、企業の姿勢はこれからの生活に生かしていきたいと思いました。

16:07
2019/10/07

1年生企業研修Cコース(大阪ガス・関西電力)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Cコースは大阪ガスと関西電力に行きました。

生徒の感想(大阪ガス・ガス科学館)
私は身近にあるガスはすべて石炭ガスなのだと今まで思い込んでいました。しかし,今回の企業研修に参加したことにより,ガスもLNGという環境に優しいよう考慮されたものを使っていることをはじめて知り,とても驚きました。また,そのLNGの冷熱を利用して他のものにも使えるので素晴らしいものだと思いました。私が一番印象に残ったことは,災害対策への様々な配慮です。ある程度の大きさの地震が起こると機能が停止するマイコンメーターや機械を人の目で一つ一つ丁寧に安全確認をする安全点検など信頼できることがたくさんありました。このようにしてお客さんから信頼を得ることはとても重要であると思いました。報告,連絡,相談を心がけていくことは今の私にも大切なことであると思うので,日々心がけていきたいです。教えていただいた前向きに新しいことにチャレンジし,周囲とコミュニケーションを大切にすることは,これからにも役立つ大切なことだと思います。他にも相手の意思を尊重しつつ,自分の意見を取り入れることはあまり耳にしたことのない大切な言葉だったので,とても納得しました。それらの大切な言葉を常に心にとめておき,積極的に行動できる人になろうと思いました。


生徒の感想(関西電力PR館エルクールさかいこう)
私は今使っている「電気」,これが無くなった生活を考えることができません。部屋の電気お風呂,洗濯など多くのことが不可欠です。そんな人々の生活を担った重要な仕事には責任感が強い人でなければ出来ないと思いました。私が印象に残っているのは実際に火力発電の中央制御室を見させて頂いたことです。現場を見ることでしか感じることが出来ない独特な緊張した空気感を肌で感じることが出来ました。ミスが大きな損害につながり,そして大きな被害になるかもしれない,そういった現場で働く人には責任も大きいと思います。また,会社を挙げて「時間外労働を0に,有給休暇を100%」に取り組んでおられるのは素晴らしいと思いました。仕事のことだけでなく働く人の家庭にまで気を配るのは難しいと思います。会社で「power with heart」を目標に熱い思いをもって一丸となっている姿は私たちも学校生活でクラス一丸になるなど見習っていくべきことだと思いました。今後少しずつでも自分のことについて考えていきたいです。

16:06
2019/10/07

1年生企業研修Dコース(アース環境サービス・JT)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Dコースはアース環境サービスとJTに行きました。

生徒の感想(アース環境サービス)
 はじめに,アース環境サービスに到着して感じたことは,建物が個性的なデザインであることと建物の内外ともに清潔であったことです。また,入ってすぐに「シナプス」という社員の方々で制作した大きなオブジェもひときわ目をひきました。
 「アース」と聞いてまず思いついたのは殺虫剤の会社というイメージでしたが,アース環境サービスでは「食の安全・安心」をモットーに常にお客様のことを一番に考え,責任感を持って取り組まれていることが見学や説明を通じて感じ取ることができました。
 特に,医薬品及び食品関係で研究室を完全分離している点は,異物混入や防虫・防菌等で要求される高いレベルの検査を可能にしているのだと感じました。また,質疑応答の際に,社員の方から「この仕事は何かものを作っているのではなく,人々からの認知度は低いが,店舗などで食品が並んでいるのを見ると無事に安心・安全な食を提供できているのだという充実感があり,この仕事自体がCSR活動である」との言葉が印象に残りました。
 これらの貴重な経験を,これからの進路選択に生かし部活動や趣味と勉学の両立に励みたいと思いました。


生徒の感想(JT)
 はじめは「生命誌」とは何かもわかっていませんでしたが、研修を通して「生命誌研究館」の伝えたい「生きていること」について深く学び、考えることができました。研究職の方からチョウの食草についてレクチャーを受けましたが、そもそもチョウの幼虫が特定の植物を食べることさえ知らなかったので、チョウが前足で味見をしてから卵を産むという事実を知りとても驚きました。そのほかにも普段見ているだけではわからないようなことをいろいろ知れて面白かったです。様々な展示の中で特に印象に残っているのは扇の形をした「生命誌絵巻」です。一つの生命体が分かれて多種多様な生物が生まれ、今のようになったという長い長い生命の歴史を感じることができました。また、その長い歴史の中で見ると、人間はつい最近生まれたのだということを改めて考えさせられました。人は人だけで生きているのではないと実感しました。これから先、多種多様な生物たちとうまく関わりあい、共に生きていくことを大切にしていきたいと思います。

16:05
2019/10/07

1年生企業研修Eコース(シャープ・積水ハウス)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Eコースはシャープと積水ハウスに行きました。

生徒の感想(シャープ)
 シャープミュージアムの見学は驚きで始まり、驚きで終わりました。自分では思いつかないような発想ばかりで、また、現在の家電の始まりはシャープの製品だったということを知り、シャープという会社がなければ、現在の当たり前が発明されていない可能性があると思うととても感動しました。 どの製品よりも良いものにするために小型化したり、新しい機能をつけたりと創意工夫がされていて、見ていて興味が尽きませんでした。特にファンや掃除機に生物の知識を応用している製品はとても興味深かったです。私は将来、医療の職につきたいと思っていますが、どの科目を選択し、学んでも自分の将来に生かされる知識だと考えるようになったので、多くの知識を日々取り入れていきたいです。


生徒の感想(積水ハウス)
 積水ハウスでは、家の構造ばかりではなく、暮らしやすい世の中にするための工夫をたくさん知ることができました。1番印象に残ったのは、お年寄り体験です。お年寄りになると、自分が思っている以上に大変だと気づきました。このように,相手の立場に立って考えてもの作りする会社は魅力的だと思いました。私たち高校生にも何かできることはあるのか、自分がいろいろな立場に立ったとき、小さなことでも考えていきたいです。

16:04
2019/10/07

1年生企業研修Fコース(京セラ・島津製作所)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Fコースは京セラと島津製作所に行きました。

生徒の感想(京セラ)
 セラミックと一言で言っても様々な種類があることを知りました。鉱物の粉末を使って成形し焼いて研削する。詳しい作り方もよく知らなかったのですが,使う鉱物によってできる製品の性質に差が出ると聞いて,セラミックは想像していたよりも奥が深いのだなと思いました。
 京セラではセラミックを使って,自動車部品,医療用製品など様々な製品をつくっていると知っていましたが,実際に説明を聞くと,想像以上に種類が多く,その上細かい部品が多くて驚きました。
 最近ではセラミックと金属などを組み合わせた原料やそれらを融合させる技術の開発にも力を入れていると知り,将来,今よりもずっと良い製品がつくられるかもしれないと少し楽しみになりました。セラミックは金属よりも丈夫な分,費用がかかり,完成させるのに時間がかかるということに驚きました。それゆえに様々な事業を展開して他社との競争に負けないようにするのが大切なのだと思いました。お話の中に,工場では粉が舞っていたり,気温が高かったりと大変な環境で働いている方もいらっしゃるということで,改めてセラミック製品だけでなく他の商品も誰かの苦労の上にできあがっているのだなとしみじみと感じました。この研修で感じたことを友人や知人に話し共有したいと思います。


生徒の感想(島津製作所)
今回の企業研修があるまで,島津製作所がどのような会社なのか知りませんでした。しかし,研修に伺って,企業の歴史,社内の様子などのお話をしていただいたり,製品の紹介をしていただいたりして,島津製作所はとても素敵な企業だなと感じました。まず最初に「御好次第何品ニテモ製造仕候也」という言葉が印象に残りました。その言葉通り,島津源蔵さんは軽気球の飛揚を成功させたり,GSバッテリーを開発したりと様々な製品を作り出していて,どんなニーズにでも応えてしまうところがすごいと思いました。ショールームで紹介していただいた製品は興味深いものばかりでした。液体クロマトグラフィーの機械と質量分析器はプールいっぱいに水を入れ,耳かきのひとさじ分のコーヒーを入れてかき混ぜたものの中から,カフェインが入っていることが分かると聞き,精度の高さに驚きました。分子のレベルまで調べて分析できる機械が多く,見ていてとても面白かったです。ガスクロマトグラフィーでは,ワインの香気成分なども分かると知り,香りにもちゃんと成分があって,それが分かってしまうのは面白いなと思いました。職場の働きやすさも魅力の1つでした。女性の活躍,休暇の充実,残業の少なさ,など,評価されている点も多く,社員の方からするととても嬉しいことなのではないかと思いました。今回はたくさんのことを知ることができました。仕事の効率を上げるには,環境も大事だということ,様々な分野で島津の製品が活躍していること,周囲に目を向けているからこそだと感じました。私も周囲に気を配り,考え,挑戦していきたいと思います。

16:03
2019/10/07

1年生企業研修Gコース(大阪取引所・日本銀行大阪支店)

| by:1学年
1年生は9月20日に企業研修に行きました。Gコースは大阪取引所と日本銀行大阪支店に行きました。

生徒の感想(大阪取引所)
 今回の企業研修を通して「株式」というものが身近に感じられるようになりました。株式とはどういうものであるのか,中学校で学習して知っていたつもりになっていましたが,お話を聴いて,私が思っている以上に深いものがあると感じさせられました。また,とても分かりやすく説明をして下さったので,より理解を深めることができました。私が一番驚いたことは,大阪取引所で1日に10兆円ものお金が動くということです。日本にあるお金のカギを大きく握っているのだと知ると同時に,そのような巨額のお金が動くことで,日々仕事をされている皆さんの責任感の強さが目に見えて伝わってくる感じがしました。私も将来,仕事をすることにやりがいを持ちたいと思いました。また,実際に見せて下さったハンドサインがとても面白く,印象に残っています。株式の売買に対しての工夫が昔からあったのだと知り,ますます興味が湧きました。株式について,よく知ることができたので,社会人の階段を一歩登ることができたと思います。これから「株式会社」という文字を目にするたびに,今回学んだことを思い出し,今後に繋げていきたいと思います。


生徒の感想(日本銀行大阪支店)
 今回の企業研修を通して,改めて銀行のすばらしさや大切さを感じることができました。銀行はお金を扱う場所だというイメージだけがありましたが,想像以上に銀行の仕事にはいろんなものがあり,とても驚きました。また,偽札が出回らないようにするために,気づかないくらいに細かく作られているお札を見て,普段何気なくお札を使っていますが,安心してお札を使えているのは,このおかげなのだなと感心しました。また,災害が起きたとき,泥まみれの傷んだしまったお札を1枚1枚広げて,交換したというお話を聞いて,日本銀行で働いている皆さんのお金に対する熱意が身に染みて伝わってきました。私も将来、自分が就いた仕事に熱意を持って取り組めるような大人になりたいと思いました。一番印象に残っているのは,傷んだしまったお札は,切り刻んでトイレットペーパーや部屋の壁に使うことができるということです。環境面にまで気を配りながら,仕事に一生懸命取り組むという姿にとても心を惹かれました。

16:02
12